二郎系ラーメンはテーマパーク?「レンタル二郎食べる人」と「そうめん二郎食べる人」夢の対談
見出し画像

二郎系ラーメンはテーマパーク?「レンタル二郎食べる人」と「そうめん二郎食べる人」夢の対談

前回までの「そうめん二郎」

【一郎】(第一回)では「そうめん二郎」の作り方。

【二郎】(第二回)では「レンタル二郎食べる人」の開発秘話に迫るインタビューとお送りしてまいりました、本シリーズ。

今回でついに【三郎】(最終回)となりました。

最終回の三郎では「そうめん二郎」を作ってくださった「レンタル二郎食べる人」こと、清水くんさん「そうめん二郎食べる人」こと、藤元さんとのスペシャル対談をお送りいたします。

清水くんさんプロフィール

清水くんさんプロフィール

小学生のころ、TV番組で放送されていた「二郎ラーメン」の特集で衝撃を受け、二郎愛に目覚める。大学生になり上京とともに初めて食べた二郎系ラーメンでさらに衝撃を受け「二郎インスパイア系」のラーメン屋さんでバイトを開始。
その傍ら「レンタル二郎食べる人」として、ただただ「ラーメン二郎を一緒に食べるだけ」のサービスを開始。今では、多数の依頼とさまざまなメディアに引っ張りだこな日々を送る。柔道部所属の現役大学生。
藤元健太郎さんプロフィール

藤元さんプロフィール

D4DRinc 代表取締役。ITとポスト工業化社会による超江戸社会を提唱中。シンギュラリティ時代はマンジャーレ(食べること)・カンターレ(自己表現)・アモーレ(愛すること)こそが価値を持つと提言。
野村総合研究所で1995年に「サイバービジネスパーク」をプロデュース。2002年にD4DRを設立し代表に就任。日経MJ「奔流eビジネス」連載中。
過去に「二郎」に関する新仮説の記事も執筆。大人のミステリーサークルサークルにも所属している。

そうめん二郎を、万能うま味調味料的な立ち位置に

画像10

【藤元】
あんなに簡単に「そうめん二郎」ができちゃうなら、いろいろと発展型のものが作れそうですよね・・・!
いやもちろん本格的に作るとなると大変かとは思うのですが。

【清水くん】
自分が二郎系を作ることに対して(難しいという)思い込みで遠ざけていたところもあったので、なかなか作れていなかったのですが、レシピも見よう見まねであそこまでのクオリティができてしまうなんて!

まさかの自分でもこんなに簡単に作れてしまうとは思っていなかったので驚きました。

【藤元】
あのスープをベースに、いろいろな料理と融合させていくというのも面白そうですよね。

【清水くん】
あぁ、いいですね!

【藤元】
二郎系のスープを使った鍋料理とか・・・。
二郎系スープベースのカレー料理とか(笑)

【清水くん】
カレーのときとか、あれ入れたいですよね!(今回のだしを取った香味野菜などが入っている鍋を指差して)

画像3

【藤元】
二郎系スープを冷凍して、ワンブロックにしておいて、いろいろな料理に入れていくとかいいですよね。あのウェ○パーみたいなポジション取りたいですよね。

【清水】
あはははは

【藤元】
塊を削ってちょっとずつ入れていくみたいな、万能うま味調味料的な立ち位置に。チャーハンとかにもちょっと入れて、チャーシュー刻んでカンカンカンカン!ってね!やりたいですよね。

【清水くん】
夢が広がりますね(笑)

【藤元】
もともと二郎系は濃いスープだから、調味料としていろいろと使えそうな気がするんですよ。

2人にとっての二郎系とは

画像11

【藤元】
うーん、ドーパミン出る系ですかね?
二郎系は「スパゲティのパ○チョ」とか「蒙古タンメン中○」とかと一緒でおいしいし、その場(店内)にいることによって、ドキドキやワクワクが感じられるんですよね。

要はテーマパークに遊びに行くときのような、高揚感というんでしょうか。

画像12

【清水くん】
そうですね。
欲です。
欲求を満足させるために行くような感じですね。

「レンタル二郎食べる人」を利用してでも二郎系に行く魅力

【藤元】
二郎系は体験そのものが価値になっている気がしますね。
お店に入りづらいとか、コールするときのあの緊張感とか、よく通う人でも時々ちょっとびっくりするときがあったり、そういった体験価値がトータルであるんですよ。

だから、味だけじゃないですよね?

画像12

【清水くん】
そうですね。

【藤元】
二郎系ラーメンが自宅に宅配されてきたら、満足するかと言ったらそんなことないですよね?

【清水くん】
それはそう思います。

【藤元】
だからこそ「レンタル二郎食べる人」を利用してでも、行ってみたいと思う人がいる。

画像9

【清水くん】
そうですね。
そこでの体験価値とか、非日常が楽しめるという部分がテーマパークに通ずるものがある気がします。

二郎系って独特な「二郎文化」があったり普通のお店だと体験できない、別次元的なところが感じられるので、まるで海外に来ているかのような高揚感があって、そこがすごくいいなと思うんです。

【藤元】
たしかにね!

清水くんさんの「レンタル二郎食べる人」のサービスをどう思いますか?

【藤元】
いわゆる、女性のオヤジ化が進んでいる近年(女性の一人焼肉とかそういった意味での)吉野家だって、女性が一人で入れない時代とかがあったけど、今では全然そんなことはない。

でも、実はまだまだ聖域が残っていて、それがラーメン二郎のようなお店で、現代の女性にとっての秘境なのかな?と思っていて。
そこに目をつけた清水くんさんはすごいなぁと思いますよ!

画像6

【清水くん】
ありがとうございます。
このサービスのやりがいとしては、サービスを利用してくれた方が、その後「一人で行きました!」と連絡をくれることがあるんですよね。

サービスを利用する前は「全然一人では行けないです・・・。」と言っていたのに、サービス利用後にお一人で行けるようになったということで、自分自身がその方の世界観を変えるきっかけになったと感じられるのがすごくうれしいですね。

「レンタル二郎食べる人」のサービスを何度も利用してくださるリピーターの方もいて、自分の価値を感じてくれているんだなとか思ったり。

さまざまな方からの依頼があるので、その方の人生観や経験・体験がいろいろと聞けて、自分自身にもすごく経験になるサービスだなって思います。

【藤元】
近年は、お客さんに迎合しすぎてるお店が増えてるのかなって思っていて、実はハードルの高いお店って大事なんじゃないかな?逆にそういうお店があってもいいのかも。って思います。

画像10

お店に入りやすいとか、お客さんにやさしいとか、ホスピタリティ満点のお店を目指す必要もなくて、どこか気高くて、プライドも高くて昔ながらの店主がやってるような、一言でもしゃべると怒られるような。

電話しながら食べてるとラーメン捨てられちゃうようなお店とかたまにあるけど(笑)

郷に入っては郷に従えみたいなそういう物の価値がまだ世の中にあって、だからこそ清水くんさんみたいな人の価値があるんだろうなって思います。
新しい顧客体験価値ですよね。

【清水くん】
なんか、いろいろとお話聞がけて改めて感じるものがあって、今までたくさん取材を受けましたが、その中でも今回一番得られたものがありました(笑)
すごいです。ありがたいです。

二郎系を海外の方に食べてほしい!

【藤元】
海外の方に食べてほしいですね。
ある意味、日本文化であるから、それを体験してハマって、二郎があるからまた日本にきたい!と思ってほしいですね。二郎系を食べるためにまた日本へリピートしてほしい。

「海外から来る旅行者が登場する、某テレビ番組」のインタビューで「ラーメン二郎」が好きで日本に来ました。とか言ってほしいですよね!

アジアの若い男性たちが日本の二郎にハマってくれるとうれしい。

画像10

【清水くん】
実は、僕のバイト先(二郎インスパイア系のラーメン屋さん)が高田馬場にあるので、アジア系のお客さまが多いのですが週に何度も食べに来てくださる方もいて。

【藤元】
なんと(笑)

【清水くん】
なかには、母国から帰国後すぐに食べに来てくださる方もいらっしゃるので、アジアの方にうけるのかな?とか思ったりしています。

しかも、その方が唐辛子とか、二郎系に合いそうな海外の調味料を持ってきてくださることがあって、バイト先の新メニューが開発されたりして、海外との融合というか、そういうのってすごくいいなと思います。

【藤元】
すごくいい話ですね!二郎ツーリズムですね(笑)
二郎ツーリズムが、これからのキーワードになってくるわけですね!

【一同】
(笑)

対談の最後に

画像9

【清水くん】
2度目の前十字靭帯断裂で手術をすることになったタイミングで何か新しいことを始めようと思い、将来的に役に立ちそうなスキル獲得などの理由から始めたラーメンブログを、今もちょいちょいっとやっているので、お時間がある方はぜひのぞいていただけるとうれしいです(笑)

【藤元】
そうですね・・・
今のこの世の中が、大変な状況なので
みんなが元気で、楽しく面白くなれるようなこういう新しい発見とかチャレンジとか、そういうのがどんどん生まれて飲食業界とか日本の食文化とか、ツーリズムなどが復活していくことを期待します。

「そうめん二郎」関連記事

【一郎】東京メシ「二郎系ラーメン」と夏の風物詩がコラボ?!「そうめん二郎」とは!(第一回)
【二郎】巷で話題沸騰中!女性も安心な?「レンタル二郎食べる人」とは?!(第二回)
【三郎】二郎系ラーメンはテーマパーク?「レンタル二郎食べる人」と「そうめん二郎食べる人」夢の対談(第三回)

関連記事・アカウント

■レンタル二郎食べる人Twitterアカウント
https://twitter.com/hakumaimosukiyo
■清水くんさんのブログ「レンタル二郎のラーメン図鑑」
https://sysyth.com
■藤元さんの二郎に関する記事
https://fujimoto-news.dino.vc/wf/Story/16829837

リゾートバイトの最新情報はこちら!

リゾートバイトダイブ


ダイブちゃんだよ。スキありがとう!
【Go!リゾートバイトダイブ】ホテルや旅館、スキー場、温泉地、テーマパークなど、北海道から沖縄まで全国のリゾート地に住み込みで働くリゾートバイト!そんなリゾートバイトにまつわる体験談やエリア特集、お役立ち情報を発信していきます。