なぜ必要?マイナンバーカードを持つメリット
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

なぜ必要?マイナンバーカードを持つメリット

マイナンバーカードを持つメリット

2016年1月より交付が開始されたマイナンバーカード。なんのために発行するのかわからず、いまだに作っていないという人も多いのではないでしょうか?実は、行政手続をオンラインでできたり、リゾートバイトにも関わる社会保険の手続きにも使えたりと、メリットはたくさん!ここでは、マイナンバーカードを作るメリットや申請方法について紹介していきます!

マイナンバーカードとは

マイナンバーカードは、2016年1月より交付が開始されました。マイナンバーとは、国内での行政手続きにおいて個人を識別するために割り当てられた12ケタの個人番号のこと。マイナンバーカードには、マイナンバーのほかに氏名や住所、生年月日、性別、顔写真などが記載されており、公的な本人確認書類として活用できます。運転免許証やパスポートといった本人確認書類を持っていない人は、マイナンバーカードを本人確認書類として使用できますよ!
最近では、新型コロナウイルスの支援金として配布された「特別給付金」のオンライン申請で、マイナンバーカードを作成しないと申請できない仕様となっていました。徐々にマイナンバーカードの必要性が高まってきています。

マイナンバーカードのメリット07

マイナンバーを持つメリットはたくさん!

では、マイナンバーカードを持つとどのようなことが起こるのでしょうか?ここからは、マイナンバーカードのメリットについて詳しく解説!すでに使えるものだけでなく、これから導入予定となっているマイナンバーカードの使い方についても触れていきます!

【メリット1】公的な身分証明証となる

マイナンバーカードは、顔写真や住所、生年月日、性別などが記載されているため、運転免許証などのように、公的な身分証明書として使用することができます。注意したいのが、身分証明書なので「カード原本」を提示する必要があるということです。マイナンバーカードを常に持ち歩くのは不安かもしれませんが、コピーを提示しても身分証明にはなりません。
通常、未成年の方や運転免許証を持っていない方の場合、複数の書類を用意する必要がありますが、マイナンバーカードなら一枚提示するだけで身分証明ができるのでとても便利です。

【メリット2】住民票や印鑑登録証明書がコンビニで取得できる

従来であれば、住民票や印鑑登録証明書の発行は、役所のみに限られていました。平日しか開いていない役所に行くために、お休みを取ったことがある方もいるのではないでしょうか?しかし、マイナンバーカードを持っていれば、コンビニで各種書類を発行することができます。
コンビニでの発行方法はとてもカンタン!各コンビニに設置されているマルチコピー機の画面に表示されている「行政サービス」から各必要書類をプリントアウトするだけ!(※市区町村により取得できる証明書は異なりますのでご注意ください)リゾートバイト勤務先で急遽必要になった時にも便利です。
発行には、マイナンバーカード交付時に設定した電子証明書が必要になるので、事前にチェックしておきましょう!

【メリット3】パスポートの申請や口座開設ができる

口座を開設するときや、パスポートを新規発給するとき、住宅ローン契約をオンラインで行なうときなどの本人確認に、マイナンバーカードを活用することができます。運転免許証やパスポートの写しなどを郵送する手間がなくなって、マイナンバーカード1枚で対応できるのでとてもスピーディーです!

【メリット4】市区町村や国が提供するサービスを受けられる

現時点では、社会保障や税、災害対策の分野のみにマイナンバーカードの利用が制限されています。今後は市区町村単位や国でマイナンバーカードを通じて利用できるサービスがどんどん増えていくことが見込まれます。
実際に、一部の市区町村で図書館の貸し出しカードとしてマイナンバーカードが利用されている例もあり、今後は利用できるサービスの種類も増えていくことでしょう。

【メリット5】マイナポイントで5,000円もらえる!

2020年9月から「マイナポイント」という制度がスタート。マイナポイントとは、マイナンバーカードを取得して、キャッシュレス決済サービスを選択してひも付けることで、利用金額に応じてポイント(※最大5,000円相当)が付与される仕組みとなっています。
マイナンバーカードを取得して、決済サービスを選んで設定するだけで5,000円相当のポイントがもらえるなんて、かなりお得ですよね。まだ、マイナンバーカードを取得していない方は、これを機に申請してみませんか?

【メリット6】健康保険証にもなる(2021年3月予定)

健康保険証として利用するための事前登録をしておくと、マイナンバーカードが健康保険証として利用できるようになります。実施予定は2021年3月からです。
マイナンバーカードを健康保険証として使うと、就職や転職、引っ越しなどをしても保険証の切り替えを待たずにカードで受診できたり、医療保険の資格確認をスピーディに行なえたりと、なにかとメリットもたくさんあります。利用の申込は、マイナポータルから行なえます。

マイナンバーカードのメリット01

マイナンバーカードの申請方法

ここまで、マイナンバーカードを持つメリットについて解説していきました。では、実際にマイナンバーカードの申請方法について詳しく説明いたします!申請方法がいまいち分からずに、躊躇してしまっている方も多いのではないでしょうか?

【1】郵送で申請

個人番号カード交付申請書のの該当箇所に顔写真を貼り、氏名、電話番号などの必要事項を記入し、郵送しましょう。個人番号カード交付申請書はサイトからダウンロード可能です!
申請書の郵送後、交付通知書が届きます。市区町村の窓口まで必要書類を持参し、マイナンバーカードを受け取りましょう。

【2】 パソコンで申請

パソコンで申請する場合、まずは交付申請用のWEBサイトにアクセスしてメールアドレスを登録しましょう。登録されたメールアドレス宛に送られてくるWebサイトにアクセスし、顔写真や必要事項の入力を行ないます。
パソコンでの申請には、交付申請書または個人番号通知書に記載されている申請書ID(半角数字23桁)が必要となりますので、事前に準備しておきましょう!

【3】 スマートフォンで申請

スマートフォンで申請する場合は、カメラで交付申請書のQRコードを読み取り、申請用Webサイトにアクセスしてメールアドレスを登録しましょう。登録されたメールアドレス宛に送られてくるWebサイトにアクセスし、顔写真や必要事項の入力を行ないます。
顔写真はスマートフォンで撮影したものでOK!スマートフォンなら、そのまますぐに写真を添付できるので簡単です。

【4】 証明写真機で申請

町中にある証明写真機でも、マイナンバーカードの申請は可能です!証明写真機のタッチパネルから「個人番号カード申請」を選択し、交付申請書のQRコードをバーコードリーダーにかざします。その後、画面の案内に従って必要事項を入力したら、顔写真を撮影して申請が完了します。
その場で顔写真の撮影ができる証明写真機。顔写真を自分で用意する必要がないので、手間を省くことができます!

マイナンバーカードのメリット06

個人番号通知書を紛失・・・・・・マイナンバーカードの申請できる?

マイナンバーカードの申請には、個人番号通知書の下についている「個人番号カード交付申請書」または「個人番号通知書」が必要になります。紛失してしまった場合は、市区町村の窓口に紛失したことを速やかに届け出ましょう。
窓口にて、通知カード紛失届と通知カード再交付申請書を提出することができます。身分証明書も忘れずに持参してください。再発行には手数料500円がかかります。

マイナンバーカードのメリット02

リゾートバイトでも便利なマイナンバーカード

リゾートバイトでは、社会保険に加入することができます(※条件を満たしている場合に限る) 。 そこで、社会保険の手続きを必要になってくるのがマイナンバーです!
社会保険に加入する場合、加入の手続きはリゾートバイトの派遣会社で進めます。マイナンバーさえあれば、社会保険の手続きは可能ですが、リゾートバイトの勤務先などで急遽住民票や公的な本人確認書類が必要になったときにマイナンバーカードがあるとさらに便利です。リゾートバイト出発前までに取得しておくことをおすすめします!

マイナンバーカードのメリット04

まとめ

マイナンバーカードを持っていると、公的な身分証明証として使用できたり、住民票などの取得、マイナポイントの付与などさまざまなメリットがあります。
今後、今以上に広い目的で利用されることが予想され、さまざまな手続きの場面で必要となってくるでしょう。
マイナンバーカードは交付されるまでに1ヶ月程度の期間が必要になりますので、時間に余裕を持って手続きしましょう!マイナンバーカードの申請を迷われている方も、これを機にもう一度検討してみませんか?

リゾートバイトの最新情報はこちら!

リゾートバイトダイブ


ダイブちゃんだよ。スキありがとう!
【Go!リゾートバイトダイブ】ホテルや旅館、スキー場、温泉地、テーマパークなど、北海道から沖縄まで全国のリゾート地に住み込みで働くリゾートバイト!そんなリゾートバイトにまつわる体験談やエリア特集、お役立ち情報を発信していきます。