宮古島のリゾートバイト特集
見出し画像

宮古島のリゾートバイト特集

宮古島のリゾートバイト特集!職種・勤務地・注意点・体験談を紹介

国内でも屈指の美しい海が広がる沖縄県の離島・宮古島。宮古島のなかでも特に海の透明度が高いことで有名なビーチのひとつ「与那覇前浜(よなはまえはま)ビーチ」は東洋一の美しさともいわれているほどです。毎年多くの観光客が訪れる宮古島は、リゾートバイトの勤務先としても大人気です。

そこで今回は、宮古島のリゾートバイトの特徴やおすすめの職種・地域について紹介します。記事の最後には、実際に宮古島のリゾートバイトを体験した先輩たちの話も載せているので、宮古島のリゾートバイトを考えている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

>>宮古島のリゾートバイト求人情報をチェック!

宮古島リゾートバイト特集06

宮古島のリゾートバイトの特徴や魅力

宮古島のリゾートバイトでは、ほかのリゾート地では体験できないような魅力がたくさんあります。まずは宮古島のリゾートバイトの特徴や魅力について紹介します。

東洋一ともいわれる美しい海

宮古島の海は、沖縄諸島のなかでも格段に透明度が高いと評価されており、なかには「東洋一の美しさ」ともいわれているビーチがあるほどです。このように、海の底が見えるほど透明度の高いビーチがいくつもあり、都会では味わうことのできない非日常の体験をできるのが宮古島でのリゾートバイトの特徴です。

冬でも過ごしやすい気候

沖縄は、本州と比べると比較的暖かい気候にめぐまれています。宮古島は、冬の時期(12〜2月)でも最高気温が20度付近まで上がり、最低気温も16度くらいと、昼夜の寒暖差が小さいのが特徴です。夜でもあまり冷え込まないので、冬の時期のリゾートバイトでも快適に過ごすことができます。

島の人々が明るくいつも笑顔

宮古島にリゾートバイトに行った多くの人が、「島の人たちがあたたかかった!」と口をそろえていいます。宮古島の人たちはリゾートバイトで来る人をやさしく迎え入れてくれます。

>>宮古島のリゾートバイト求人情報をチェック!

宮古島リゾートバイト特集01

宮古島のおすすめリゾートバイトのおすすめ職種

お伝えしたとおり、宮古島といえば、なんといってもきれいな海が魅力です。宮古島のリゾートバイトでは、そんな海の近くで仕事ができる勤務先が豊富にあります。次に、宮古島のリゾートバイトでおすすめの職種について紹介します。

ビーチスタッフ

東洋一美しいビーチの目の前で仕事ができるのは、宮古島ならではです。接客したり、お客さまへ料理を運んだりするビーチスタッフの仕事は、宮古島のリゾートバイトで人気の職種です。なかにはビーチパラソルを立てたり、荷物を運んだりといった力仕事もありますが、1日中ビーチにいるため海が好きな人には特におすすめの仕事といえます。

フロント業務

宮古島には、大型のリゾートホテルから民宿まで、さまざまなタイプの宿泊施設があります。そこで働くフロント業務も、宮古島のリゾートバイトで人気の仕事です。接客をはじめ、館内のさまざまな業務を経験できるので、いろいろな仕事をやってみたいという人にはおすすめです!また、宿泊施設が多い分、求人も豊富にありますので、自分の希望する条件にあった職場を選べるのも魅力的です。

レストラン・飲食店業務

レストランやカフェなど、飲食店での仕事も宮古島のリゾートバイトで人気があります。飲食店での仕事は、接客が未経験の人でもチャレンジしやすく、求人もたくさんありますので、初めてのリゾートバイトでも安心して働くことができますよ。

>>宮古島のリゾートバイト求人情報をチェック!

宮古島リゾートバイト特集02

宮古島のリゾートバイトにおすすめの地域・勤務地

宮古島の付近には、さまざまな離島があり、そのどれもが魅力的です。ここでは、宮古島のリゾートバイトにおすすめの地域を紹介します。

宮古島(宮古列島・宮古島)

宮古島は、宮古列島という島々のなかにあるひとつの島のことを指します。宮古列島は大小8つの島々から成り立ち、そのなかで最大の島が、今回紹介している宮古島です。宮古島には、「与那覇前浜(よなはまえはま)」「砂山ビーチ」など、海の近くの観光スポットが豊富にあります。もちろん、仕事が休みの日には、仲間と一緒にきれいな海で遊ぶこともできます。

>>宮古島のリゾートバイト求人情報をチェック!

宮古島リゾートバイト特集08

伊良部島・下地島

宮古空港から車で約10分、伊良部大橋を渡った先にあるのが伊良部島です。伊良部島と数十メートルしか離れていない下地島へも橋が続いています。どちらの島も、宮古島と比べるとにぎわいには劣りますが、それでも、南国情緒あふれる民宿やゲストハウスがたくさんあります。少し落ち着いた雰囲気で仕事をしたいという人にはこちらの島々がおすすめです。

>>宮古島のリゾートバイト求人情報をチェック!

宮古島リゾートバイト特集09

来間島

宮古島から見て、南西の方角にある小さな離島が来間島です。宮古島とは「来間大橋」という橋で結ばれていて、来間大橋の近くには人気の観光スポットである「与那覇前浜(よなはまえはま)ビーチ」があります。来間島にも観光スポットはたくさんありますが、そのなかでも展望台から望む来間大橋は圧巻です。南国リゾートならではの開放感のなかで仕事ができるのが、来間島でのリゾートバイトの魅力です。

>>宮古島のリゾートバイト求人情報をチェック!

宮古島リゾートバイト特集10

宮古島のリゾートバイトに応募するときの注意点

宮古島での生活は、都会とは少し違った日々を過ごすことになります。ここでは、宮古島のリゾートバイトに応募する際の注意点について解説します。

車の移動がメイン

宮古島での移動は、基本的には車がメインです。「お休みにちょっと買い物に行きたい」「時間があるから少し観光してみたい」と思っても、車を運転できないと移動が不便になります。市内にバスは走っていますが、本数が少ないため、やはりスムーズに移動をする際には車は必須といえるでしょう。

宮古島のリゾートバイトに参加した人たちの多くは、勤務地の近くにあるお店でレンタカーを借り、それを数人でシェアしています。勤務先によっては車を貸してくれるところもありますが、あまり多くはないため、現地でレンタカーを借りることも視野に入れておきましょう。

気軽に帰省できない

宮古島のリゾートバイトは基本的に3ヶ月以上の勤務になります。宮古島のリゾートバイトの場合、遠方から参加する人も多くいますが、気軽に帰省できる距離ではありません。東京や関西方面への直行便は飛んでいますが、往復となると料金も高額になってしまいます。宮古島のリゾートバイトにチャレンジしようか考えている人は、その期間でのスケジュールはしっかりと調整しておくことがおすすめです。

>>宮古島のリゾートバイト求人情報をチェック!

宮古島リゾートバイト特集11

宮古島のリゾートバイト体験談

次に、実際に宮古島でリゾートバイトをした人たちの体験談を紹介します。リゾートバイトが初めてでイメージがつかめないという人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

「リゾートバイトで価値観が変わりました!」

前職を辞めたタイミングで時間があり、きれいな海のある場所で働きたいと思って応募しました。私が参加したリゾートバイトは寮ではなくホテル住まいだったので、食事の支度をする際には一度ホテルから出なくてはならず、最初は不便さを感じていました。

ですが、次第に友だちが増えてくると、みんなで集まって食事をすることが多くなり、仕事以外の時間も和気あいあいと過ごすことができました。それに、宮古島の海もたくさん満喫できたし、一緒に働く仲間と思い出も作ることができて最高でした!

また、リゾートバイトを通じて多くの人たちと関わることで、自分のなかの価値観や世界観が大きく変わりました。リゾートバイト期間中は退屈とは無縁で、なにをするのも新鮮味があり楽しかったです。

「都会を離れ、リゾート施設で働きたいと思って挑戦!」

前職の先輩から写真が送られてきて、宮古島の海のきれいさとリゾートバイトという働き方を知りました。都会を離れ、きれいな海のそばでの生活を体験してみたいと思い、先輩と同じリゾート施設へ行くことに決めました。現在も働いていますが、仕事とプライベートを両立しながら、周りの仲間とリゾートバイトライフを満喫しています!
仕事は大変ですが、休日にはカフェめぐりや海に行ったり、ドライブをしたりと日々楽しんでいます。友達もたくさん増えました!

>>宮古島のリゾートバイト求人情報をチェック!

宮古島リゾートバイト特集12

まとめ

今回は、宮古島のリゾートバイトの特徴やおすすめの職種・地域について紹介しました。

東洋一といわれるほどきれいな海がある宮古島は、リゾートバイトでも大人気のエリアです。観光スポットももちろんですが、島の人たちもあたたかく迎え入れてくれるので、リゾートバイトが初めての人でも安心して仕事ができます。海で働きたい人や、島の観光をしてみたいという人には、ぜひ宮古島のリゾートバイトにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

>>宮古島のリゾートバイト求人情報をチェック!

リゾートバイトの最新情報はこちら!

リゾートバイトダイブ


やったー!
【Go!リゾートバイトダイブ】ホテルや旅館、スキー場、温泉地、テーマパークなど、北海道から沖縄まで全国のリゾート地に住み込みで働くリゾートバイト!そんなリゾートバイトにまつわる体験談やエリア特集、お役立ち情報を発信していきます。