離島のリゾートバイト特集
見出し画像

離島のリゾートバイト特集

離島のリゾートバイト特集!職種・勤務地・注意点・体験談を紹介

海も自然も思いきり楽しめる、リゾートバイトの定番ともいえる離島。「移住気分を味わえるのがうれしい」「非日常感がある」と人気がある一方で、「どんな仕事があるのかわからない」「ちょっと勇気が出ない……」と思っている人もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、離島のリゾートバイトのお仕事内容とその魅力をたっぷり紹介します。

離島のリゾートバイトの特徴・魅力

離島のリゾートバイトには、どのような特徴があるのでしょうか。まずは、ほかのバイトにはない魅力をチェックしていきましょう。

1.フォトジェニックな風景を見られる

離島といえば、何といっても自然が豊かで美しいイメージですよね。離島のリゾートバイトでは、海はもちろん、砂浜や山、道路や神社など、数々のフォトジェニックな風景を楽しむことができます。夕日に照らされた海や真夜中の星空も、いつもよりずっときれいに見えますよ。休日は大自然のなかでアクティビティを楽しんだりのんびり休んだりと、写真に収めたくなるような美しい風景のなかでゆったりとした毎日を過ごせます。

2.島の人と仲良くなれる

リゾートバイトの場所にもよりますが、島の人は明るく親しみやすいことが多いので、仕事を通して島に住む人との関わりを持つことができるのも大きな魅力。離島のリゾートバイトを経験した先輩たちからは、島の人が道で会ったとき気さくに挨拶をしてくれてうれしかった、地元の言葉やおすすめの場所を教えてくれたという声も。観光地や穴場スポット、美味しいお店などを教えてもらって、一緒に楽しむのもいいですね。

3.未経験でもチャレンジしやすい

ほかのリゾートバイトと比べて、未経験者OKの案件が多いのもうれしいところ。ダイビングのインストラクターなど資格が必要な仕事も一部ありますが、基本的に専門知識や技術が必要な業務はほとんどありません。「接客の仕事をしたことがない」、あるいは「バイト自体が未経験」という人でも挑戦しやすい職種がたくさんあるので、リゾートバイト初心者さんは離島の案件もぜひ検討してみてください。

4.オフシーズンも楽しめる

離島のリゾートバイトは一年を通して募集していることが多く、オフシーズンであってもホテルやレストランなどの求人が継続してあります。オフシーズンは、応募が比較的少なく好条件の案件も見つかりやすいのでおすすめですよ。場所によっては、冬でもマリンスポーツが楽しめるので、夏には都合がつかないという場合も別のシーズンの離島リゾートバイトを狙ってみてくださいね。

>>離島のリゾートバイト求人情報をチェック!

離島のリゾートバイト特集09

離島のリゾートバイトのおすすめ職種

では、離島のリゾートバイトではどんな場所でどんな仕事をするのでしょうか?大きく分けて3種類の職種を紹介します。同じホテルの職種のなかでもフロントや清掃、接客などさまざまな仕事があり、いくつかの業務を兼任することもあります。

ホテル・売店スタッフ

離島のリゾートバイトのなかでも求人の多い職種です。ホテルのフロントでのチェックイン・チェックアウト管理、お客さまのお出迎えとお見送り、売店での接客などを行います。朝晩に勤務し、昼に長い休憩がある「中抜けシフト」が少なく、連続して稼働する「通し勤務」が多いため、プライベートの予定が立てやすく人気がある職種です。フロント勤務の場合は、シフトによって早朝や深夜の勤務もあります。お客さまと直接話せる機会が多いので、人と関わる仕事がしたい人におすすめです。

レストランスタッフ

離島のホテルレストランやカフェでの接客、清掃、調理補助などを行う職種で、ホテルや売店と並んで募集は多めです。昼頃に長い休憩時間を取る「中抜けシフト」となることもあります。レストランでの接客、料理の補充、配膳はもちろん、清掃なども合わせてレストラン全般業務を任されることもあり、幅広い経験ができますよ。オフシーズンでも安定した募集があり、さまざまな季節の離島を楽しめる職種です。島の空気を感じながら、ほかの仕事にも活きるマナーやスキルを身につけたい人にぴったりです。

マリンスタッフ

マリンスタッフは、ホテルのマリンアクティビティ施設などで受付、清掃、備品貸し出しといった業務を行う、未経験者でもチャレンジしやすい職種です。さらに、海で行うアクティビティのインストラクターやガイドの仕事もあります。資格が必要なものもありますが、一部のガイドやサポート業務では、講習を受ければ資格や経験がなくてもOKです。離島で思いきり海やプールを楽しみたいという人はぜひマリンスタッフの求人を探してみてくださいね。

離島のリゾートバイト特集10

離島のリゾートバイトにおすすめの地域・勤務地

興味のある職種が見つかったら、さっそくどの島に行きたいか考えてみましょう。フォトジェニックな情景が見られること間違いなしの代表的な離島を紹介します。

礼文島

北海道最北の稚内からさらにフェリーを利用し約2時間で行ける日本の最北端、礼文島。日本最北の国立公園があり、大自然のなかで働きたいという人におすすめです。ウニなどの海の幸が美味しく、グルメも評判です。毎年2~8月ごろに、ホテルフロントや旅館の仲居、レストランスタッフなど幅広い職種の募集があります。シーズンはGW明けから10月末までで、大量募集も行っているので友達と一緒に応募するのにもぴったりです。

>>礼文島のリゾートバイト求人情報をチェック!

離島のリゾートバイト特集05

佐渡島

新潟県の佐渡島は、沖縄本土の次に大きな島として有名です。夏は暑すぎず、冬は寒すぎず積雪が少ないという、リゾート地らしい過ごしやすい気候もうれしいですね。暖流と寒流どちらの魚も見られるので、ダイビングスポットとしても人気です。能などの伝統芸能が盛んで神社仏閣も多く、歴史を重んずるところも魅力的な観光地です。4月中旬~11月上旬のシーズンに合わせて、毎年2~8月ごろには旅館の仲居やレストランスタッフを中心とした求人が多数あります。

>>佐渡島のリゾートバイト求人情報をチェック!

離島のリゾートバイト特集06

淡路島

兵庫県にある淡路島は、世界一のうずしおが見られる瀬戸内海最大の島として知られています。神戸からバス1本、関西国際空港からフェリーで1本と、大阪や神戸、四国からアクセスがしやすいことでも人気です。大きな島なので、温泉や登山、海水浴やサイクリングなど島のなかでできることが多く、休日をたっぷり楽しめます。勤務先や職種も幅広くそろっているので、自分に合った仕事が見つかりやすいですよ。

>>淡路島のリゾートバイト求人情報をチェック!

離島のリゾートバイト特集17

西表島

西表島は、沖縄県のなかでは本土の次に大きな島です。島のほとんどが原生林に覆われており、カヌーやカヤックのツアーも実施しています。世界に2つしかないサンゴだけでできた「バラス島」もフォトジェニックスポットとして有名です。西表島では主にレストランスタッフとして、自然に囲まれた旅館やホテルなどで働けます。海だけでなく、山や川のアクティビティも楽しみたいという人はぜひ。

>>西表島のリゾートバイト求人情報をチェック!

離島のリゾートバイト特集02

石垣島

石垣島は、関東や関西からも直行便の飛行機があり、とてもアクセスしやすい島です。島のなかでも特に海が美しいスポットである「川平湾」は、ミシュランが3ツ星をつけたとしても有名になりました。夕暮れ時の景色はとても美しく、絶景スポットのひとつとして知られています。人気リゾート地として市街地がかなり発展しており、生活しやすいのも魅力です。外国人観光客も多く訪れるので、語学力を活かすこともできますよ。

>>石垣島のリゾートバイト求人情報をチェック!

離島のリゾートバイト特集07

小浜島

テレビドラマの撮影地にもなったことで有名な島で、石垣島からフェリーで30分ほどの距離で行けます。住民も観光客も多すぎない小さな島なので、沖縄らしい風景を楽しめるところが魅力です。サトウキビ畑が広がる一本道「シュガーロード」では、自然に囲まれたのどかな風景が広がります。小浜島では主にレストランスタッフとしての仕事が多く、洗い場や調理補助など幅広い業務を任されることもあります。

>>小浜島のリゾートバイト求人情報をチェック!

離島のリゾートバイト特集16

宮古島

関東からも飛行機の直行便があり、アクセス良好な宮古島。観光名所のひとつ「与那覇前浜ビーチ」は、底まで見える透き通った海と真っ白い砂浜で「東洋一の美しさ」といわれています。メインの職種はレストランスタッフですが、リゾート施設の規模が大きいことが多く、なかには結婚式場や屋台村など珍しい勤務先もあります。サーフィンやダイビング、シュノーケリングなどのマリンスポーツ好きの人にはもってこいの場所です。

>>宮古島のリゾートバイト求人情報をチェック!

離島のリゾートバイト特集01

久米島

久米島は沖縄本島から100kmほど離れた場所にあります。海の美しさに定評があり、冬にはダイビング客が多く訪れます。夏はもちろん、冬にもマリンスポーツが楽しめるのは大きな魅力です。砂浜だけでつくられた無人島「ハテの浜」、島の全体を見渡せる絶景ポイント「宇江城城跡」、有名スポット「イーフビーチ」など観光名所もたくさん。ホテルフロント、レストラン、裏方など幅広い職種の仕事がそろっています。

>>久米島のリゾートバイト求人情報をチェック!

離島のリゾートバイト特集03

屋久島

鹿児島県から60kmほど離れたところに位置する屋久島は、島の面積の約21%が日本初の世界自然遺産として登録されています。人の手が加えられていないありのままの大自然を実感できる貴重な島です。サーフィンや釣りなど海で遊ぶのも、人気のトレッキングで山を満喫するのも両方できるのがうれしいところ。レストランスタッフの仕事が中心で、未経験者も多く受け入れられています。

>>屋久島のリゾートバイト求人情報をチェック!

離島のリゾートバイト特集04

宮島

広島県廿日市市にある宮島は、世界文化遺産である「厳島神社」があることで有名です。海の中に立つ大鳥居や青々とした原始林など、景色の素晴らしさは日本三景に数えられるほど。厳島神社には外国人観光客がたくさん訪れるので、英語や中国語でコミュニケーションを取ってみたい人におすすめです。ホテルや旅館での仲居や接客、レストラン業務が主な仕事で、広島市の中心部から20kmほどと気軽に行けるところも人気です。

>>宮島のリゾートバイト求人情報をチェック!

離島のリゾートバイト特集15

離島のリゾートバイトに応募するときの注意点

魅力的な場所がたくさんあってつい迷ってしまう、離島のリゾートバイト。より自分にぴったりの求人を見つけるためには、職種と場所以外にもチェックしておきたい点もあります。応募するときに確認しておくべきポイントを紹介します。

勤務シフト

離島のリゾートバイトのなかでも、ホテル勤務の場合は「通しシフト」と「中抜けシフト」があります。中抜けシフトは、仕事が多い朝~昼と夕方~夜に勤務して、その間が休憩時間となります。中抜けシフトが多いと拘束時間が長くなり、生活リズムが崩れがちになることもあるので、勤務シフトのタイプは必ず確認して実際の生活をイメージしておきましょう。

周辺環境

特にチェックしておきたいのが、寮の周辺環境です。コンビニ、スーパーなど徒歩圏内にあるものは募集のなかで明記してあることが多いので、事前に確認しておくとよいでしょう。離島は交通の便が悪かったりお店が少なかったりと不便なところもありますが、実際に生活する寮は観光地や市街地にあることも多いですよ。

事前に送る荷物

離島ではコンビニやドラッグストアでちょっとした食品や日用品を買うことはできますが、大きなスーパーや衣料品を買う場所は少なく、ものによっては手に入れるのに苦労することもあります。離島に滞在するなら、事前に日用品なども含めてできるだけ荷物を送っておくか、多めに持参するのがおすすめです。離島のリゾートバイトに応募した後には、この点もよく確認しておきましょう。

>>離島のリゾートバイト求人情報をチェック!

離島のリゾートバイト特集12

離島のリゾートバイト体験談

魅力的なポイントがたくさんある離島のリゾートバイトですが、実際に楽しく働けるのかは気になるところですよね。そこで、離島のリゾートバイトを体験した先輩の声を紹介します!

「たくさんの出会いがあり世界が広がった!」

たくさんの人と出会って触れ合うことで、いろいろな世界があるのだなと感じました。また、ホテルマンや沖縄料理の居酒屋など、今までにない職種ばかりを経験し自分のできることが一段と増えた気がします。沖縄出身のスタッフさんがたくさんいたので、地元の美味しいお店を教えてもらったり、穴場スポットへ連れて行ってもらったのが印象深いです。

「島の友達もでき、毎日楽しく過ごせた!」

価値観、世界観が大きく変わりました。「同じ日本でも言葉も含め文化がここまで違うのか!」と毎日が新鮮でとにかく楽しかったです。特に自転車でホテルから寮に帰るサトウキビ畑の道が大好きで、星空に見惚れてサトウキビ畑に落ちてケガをしたのも今ではいい思い出です。島の方々にもとても良くしていただき、島の友だちもでき、毎日楽しく過ごせました。

>>離島のリゾートバイト求人情報をチェック!

離島のリゾートバイト特集13

まとめ

大自然や島の人たちに癒やされる、離島のリゾートバイト。一年中安定した募集があるところや、さまざまな職種や勤務先があるため自分に合った仕事を選べるところも魅力です。島の人たちや島の文化に触れて、世界が広がること間違いありません。ぜひ離島のリゾートバイトで、移住気分を楽しんでみてくださいね。

>>離島のリゾートバイト求人情報をチェック!

リゾートバイトの最新情報はこちら!

リゾートバイトダイブ


ダイブちゃんだよ。スキありがとう!
【Go!リゾートバイトダイブ】ホテルや旅館、スキー場、温泉地、テーマパークなど、北海道から沖縄まで全国のリゾート地に住み込みで働くリゾートバイト!そんなリゾートバイトにまつわる体験談やエリア特集、お役立ち情報を発信していきます。