リゾートバイト体験談 Vol.54【水上温泉】
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

リゾートバイト体験談 Vol.54【水上温泉】

水上温泉で初めてのリゾートバイトに挑戦!

私が今回リゾートバイトに行ったのは、群馬みなかみ町。草津・伊香保・四万と並んで、群馬県の4大温泉地のひとつです。山や川など豊かな自然が魅力のエリアで、ラフティングなどのアクティビティも人気。そんな水上のなかでも私の勤務地は、谷川岳を眺めながら入れる源泉かけ流しの温泉が魅力の旅館です。

今回は22歳で初めてリゾートバイトに挑戦した、リアルな体験談をお届けします!良いことも悪いことも隠さず書くので、少しでも参考になればうれしいです!

リゾートバイトに行くまでの経緯と心配だったこと

縁がないと思っていたリゾートバイトに行くことになった理由

実は私は積極的な理由ではなく、消去法のような形でリゾートバイトに行くことを決心しました。大学を卒業していよいよ社会人になるタイミングでコロナウイルスが流行し、会社で働くことができなくなったからです。

もともとリゾートバイトは知っていましたが、リゾートという言葉から、明るくて行動力がある人が行くもの、というイメージがありました。特別社交的なわけでもない私には縁がないと、これまで挑戦しようと思ったことはありませんでした。しかし、こんな状況だからこそ環境を変えようと思い、思い切ってリゾートバイトに踏み切りました。

>>水上温泉のリゾートバイト求人情報をチェック!

リゾートバイト体験談Vol.54【水上温泉】02

リゾートバイトで初めての「一人暮らし」を経験!

大学4年間は飲食店で働いており、接客も好きだったので、仕事についてはあまり不安はなかったです。新しい環境に飛び込むことについては憂鬱でしたが、無理にでもお仕事を決めてしまえば、もう行くしかないと気持ちの整理を付けられました。

唯一どうしても不安だったのが、 一人暮らし。私は今まで実家から出たことがなく、新しい環境のなか自分一人で生活できるのか、という不安が1番大きかったです。

リゾートバイト選びでは「食事付き・個室寮」を重視

一人暮らしを少しでも楽に生活できるよう、「食事付き」の条件を重視しました。私がリゾートバイトで働いた旅館は、休日も入れて毎日昼夜の2食付き。お昼はお弁当、夜はまかないを食べられました。

あとは、自分の時間をしっかり確保できる個室寮かどうかも大切な条件です。相部屋だと気を遣うことが多いので、のんびりできる個室がいいという希望がありました。

職場環境はあまり重視しなかったのですが、職場の雰囲気や働いている方の年齢層、派遣スタッフの割合などはあらかじめ教えていただきました。小規模な旅館だったので派遣スタッフはほとんどおらず、私と同世代の方もほとんどいない職場でした。事前に知っておけば、その環境に行く覚悟ができるので、年齢層などは確認しておくといいかもしれません。

リゾートバイトでの仕事内容は?どんな生活をするの?

レストラン業務は特別な仕事内容がなく挑戦しやすい!

リゾートバイトでは、お食事会場でのサービスのお仕事をしていました。詳しい仕事内容としては、会場とお料理のセッティング・お客さまのご案内・お食事の提供・片付けなどです。リゾートバイトとはいえ、レストランでのお仕事に特別な仕事内容はありません。なので、飲食店で働いたことがあれば、安心して挑戦できるお仕事だと思います。

部屋数が全18室と少なかったため、営業は少人数で回します。基本的にお部屋の担当制で、私は最大で3室の担当を持ってお料理出しなどをしました。

>>水上温泉のリゾートバイト求人情報をチェック!

リゾートバイト体験談Vol.54【水上温泉】03

リゾートバイト中の1日のスケジュール!中抜け休憩って実際どう?

【6:00 起床】身支度を整え、6:50には出勤
【7:00 出勤】朝食のセット
【8:00 朝食スタート】8:00・8:30の2回に分けてお客さまをご案内
【11:00 中抜け休憩】(時間は前後)
【16:00 出勤】夕食のセット
【18:00 夕食スタート】18:00・18:30の2回に分けてお客さまをご案内
【20:30 退勤】(終了時間は前後)

リゾートバイトといえば中抜け休憩が不安な方も多いかもしれません。中抜け休憩とは、午前の勤務と午後の勤務の間に数時間の休憩を挟む働き方のこと。通常の働き方とは少し異なる生活リズムになります。

実際に中抜けシフトで働いてみて、個人的にはとっても働きやすかったです!1番大きな理由はお昼寝ができるから!!寝るのが大好きな私にとって、お昼ごはん後にたっぷり寝れるのが最高のご褒美でした。

もちろん合う合わないはあるし、馴染むまでは少し大変かもしれません。しかし一緒に働いていた方も、お昼に動けるのがうれしいとおっしゃっていたので、中抜け休憩はそこまでつらくないです。

早起きが苦手で、普段の休日はついダラダラして1日が終わることも多いのですが、中抜け休憩中は寝る以外にも洗濯したり散歩したり、有意義な時間を過ごすことができました!

リゾートバイトは楽しいだけではない?大変なことも多いです!

リゾートバイトでは大変なこともあります。仕事、人間関係、生活環境が一気に変わるので、慣れるまでは毎日緊張しながら出勤していました。

私の職場の場合マニュアルがなく、丁寧に仕事を教えてもらえる環境ではなかったので、ほとんどの業務は自分から質問して覚えました。手が空いたらすぐに声をかけないと、仕事がわからないまま立ち尽くすことに。人見知りなこともあり、旅館に馴染むまでの1週間ほどは特にしんどかったです。

また会席料理は必要なセッティングが多く、さらに馴染みのない難しい料理名ばかり。料理のセットはメモと写真で覚えて、料理名はすらすら出てくるように休憩中や仕事中にとにかく口に出して練習しました。

あとは、お客さまからの質問にも苦戦しました。周辺の観光地や蛍が見える時期について聞かれたり、「ここからは谷川岳のどの部分が見えるの?」とマニアックな質問をされたこともあります。どの質問にも最初は答えられず、とてももどかしかったです。その都度社員さんに質問したり、普段から社員さんに地域のお話をたくさん伺ったりして、お客さまに少しでも詳しいお話ができるように努力しました。

旅館でのお仕事はお客さまとの距離が近い!やりがい十分でした!

仕事を覚えたり、職場に馴染んだりと大変なのは最初だけ!覚えてからはお仕事がすごく楽しかったです。1部屋ごとの担当制だったので、お客さまとたくさんコミュニケーションをとれるところに特にやりがいを感じました。

夕食であるご夫婦を担当したとき、たくさん楽しいお話を聞かせていただきました。翌日の朝食ではお会いできなかったのですが、午前の勤務が終わってフロントに寄ると、ご夫婦から預かったと古いお金をもらいました。チェックアウトのとき、その場にいない私のことを話題に出して、「ありがとうと伝えておいて」と言ってくださったそうです。少しは楽しい時間を過ごすお手伝いができたのかなと思えて、私にとってとてもうれしい言葉とプレゼントでした。リゾートバイト中はそれを見るたびに頑張ろうという気持ちになれたし、リゾートバイトを終えた今でも大切にしています。

>>水上温泉のリゾートバイト求人情報をチェック!

リゾートバイト体験談Vol.54【水上温泉】04

リゾートバイトを通して旅館で働いてみて、もうひとついいなと思ったことがあります。飲食店でバイトをしていたときは、時間内にコース料理を出しきることがマストでした。でも旅館だったら、お食事会場だけで終わらないサービスができるのです。

食べきれなかったご飯はおにぎりにしてお部屋に届けたり、満腹そうなお客さまにはデザートをお部屋で食べる提案をしたり、お客さま目線のサービスをしている実感がモチベーションになりました。お部屋まで届けたとき、「おやすみなさい」というやり取りをできるのも新鮮でよかったです!

リゾートバイトで1番心配だった寮生活の様子をご紹介!

寂しいけどなんとかなる!まかない付きがおすすめです!

1番心配だった初めての一人暮らしですが、意外となんとかなりました!これまで家に誰もいないことがほとんどなかったので、一人暮らしの楽しさと寂しさの両方を感じたのもいい経験。これから一人暮らしを考えている人は、リゾートバイトで練習をしてみるのもおすすめです!

個人的に寮生活を乗り切れた1番のポイントは、やはり食事付きの職場だったこと。しかも夜のまかないは料理長の手作りで、毎日がごちそう!まかないが毎日の楽しみのひとつでした。ちなみに私は朝ごはんを絶対に食べたいタイプですが、夜ごはんの残りやグラノーラを食べていたので、昼と夜の2食がついていれば十分でした。

リゾートバイト初心者の方や、一人暮らしを初めて経験する方は、食事付きのお仕事に応募するのがおすすめです。それだけで負担がだいぶ軽くなると思います!あとは電気ケトルを持って行っておくと、インスタントのご飯やホットドリンクを作れるので便利でした!

>>水上温泉のリゾートバイト求人情報をチェック!

リゾートバイト体験談Vol.54【水上温泉】05

リゾートバイトの寮についてチェックした方がいいポイントをご紹介!

今回、寮での生活をしてみて、個人的にここはチェックしてほしい!と思ったポイントがあるので紹介します。

まずひとつめが寮の場所です。私は旅館の古い客室を部屋として使わせていただきました。館内寮なので通勤は0分で本当に楽チン!しかし、隣の部屋が客室だったため、物音を立てないようにするなどかなり気を使います。1歩外に出たらお客さまや従業員の方に会う可能性があるので、完全に気を抜いて外に出ることはできなかったです。オンオフをはっきり分けたいという方には、館内寮はあまりおすすめしません。

次に部屋の設備です。私の部屋は洗面台、トイレ、小さめの冷蔵庫しか設備がありませんでした。洗濯機は旅館のリネンを洗う洗濯機を使っていたので、好きな時間に洗濯できないのは少し不便です。たまにキッチンがあればいいなと思うこともありましたが、まかない付きだったので妥協できました。まかないなしの場合はキッチンは必要ですね。

あと、一人の時間はネットを利用することも多いと思うので、Wi-Fiの条件はしっかり確認してください!

これは余談ですが、私の部屋には10㎝以上あるムカデが出ました。そのときは女将さんに駆除していただきましたが、自分で処理できる道具などがあれば咄嗟のときに安心です。虫が苦手な方は、ぜひ虫対策を用意しておくことをおすすめします!

>>水上温泉のリゾートバイト求人情報をチェック!

リゾートバイト体験談Vol.54【水上温泉】06

温泉入り放題!贅沢すぎるリゾートバイト生活!

部屋にお風呂もなかったため旅館の大浴場を使っていましたが、温泉入り放題のお仕事はとてもおすすめです!毎日温泉に入れる生活で、特別お風呂が好きではなかった私が温泉好きに!仕事の疲れを癒せますし、気分がすっきりします!休みの日はお客さまの夕食の時間に温泉に入って、貸切で露天風呂を楽しんでいました!

私はお客さまとかぶらないよう出勤日は深夜に入っていたため、生活リズムは崩れてしまいましたが、それでもいいと思えるくらい至福の時間でした!またリゾートバイトに行くことがあったら、温泉入り放題のお仕事を選びたいです。

コンビニまで徒歩で往復100分!?都内では考えられない環境!

リゾートバイトに行く際には、勤務地や寮の周辺環境を特にしっかり確認することをおすすめします。私の勤めていた旅館は山の中にあったため、最寄りのコンビニまで徒歩だと片道40~50分ほどかかりました。

もちろんコンビニが遠いということは事前に聞いていましたが、実際に生活してみると想像以上の不便さです。私は特に歩くことが苦ではなかったので、休日や中抜け休憩中に歩いて行くこともありましたし、夜は社員さんに車で連れて行っていただくこともありました。

>>水上温泉のリゾートバイト求人情報をチェック!

リゾートバイト体験談Vol.54【水上温泉】07

周辺になにもない不便な場所でリゾートバイトをして良かったこと

想定外にラッキーだったのは、お金を使う場所がなさ過ぎてどんどんお金が貯まったこと!毎日ご飯が出るので、たまにご飯を食べに行ったりお菓子を買ったりする以外には一切お金を使いません。まわりに観光したり遊んだりする場所がなかったおかげで、働いた分をまるまる貯金できました。

観光地が多かったり、大きな都市があったりしたら、ここまで貯金はできなかったと思います。お金を貯めるためにリゾートバイトをしたい方は、毎日ご飯が出て、周辺にお金を使う場所がない場所でのお仕事をぜひおすすめしたいです!

リゾートバイト中の休日の過ごし方

リゾートバイト中の楽しみのひとつが休日!近くの観光地をまわったり、おいしいグルメを堪能したり、充実した休みを過ごすと次の日からのお仕事も頑張れますよね。私がリゾートバイト中の休日になにをしていたかをご紹介します!

・温泉巡り
今回のリゾートバイトで、群馬県の4大温泉すべてを制覇しました!職場には、もともと草津で働いていた社員さんが多く、草津に行ったことがないと言ったら連れて行ってくださいました。地域によってかなり泉質が違ったのが驚き。お客さまとの話題にもしやすい、リゾートバイトならではの贅沢な休日の過ごし方でした!

リゾートバイト体験談Vol.54【水上温泉】08

・近所を散歩したり部屋でくつろいだり、とにかくのんびり
旅館のすぐ裏に川が流れていたので、川辺に座ってぼーっとしたり、自然のなかで身体を動かしたり、近所を散歩したり。だいたいの休日はこうして過ごしていました。

まわりにあまり観光地はないので、たくさん遊びたいという方には水上温泉は不向きかもしれません。でも私はのんびりと過ごすのが好きだったので、東京より時間がゆったりと流れるあの空気がとても好きでした。いつも通りの休日が贅沢な時間に感じられます。

>>水上温泉のリゾートバイト求人情報をチェック!

リゾートバイト体験談Vol.54【水上温泉】09

・近くのグルメを満喫
おいしいお店がたくさんあったので、社員さんに車で連れて行っていただきました!旅館でも働いている方が経営するお店に行ったり、地元の方が集まる大盛が人気のお店に行ったり、口コミで高評価のピザを食べに行ったり。頻度は多くありませんでしたが、たまに外食をして水上での観光も満喫しました!

リゾートバイト体験談Vol.54【水上温泉】10

行ってみて感じたリゾートバイトの魅力!

大変なこともありましたが、振り返ってみると楽しい思い出ばかり。よく言われることですが、リゾートバイトに行かなければなかったたくさんの出会いと学びがありました。

勤務地に関わらずだと思いますが、旅館には独特の空気が流れています。特に今回働いた旅館は、派遣スタッフが少なく社員さんや長く働いているパートの方が多かったので、閉じた空気感を強く感じ、最初はすごく戸惑いました。

だからこそ最初のうちは、とにかく社員さんたちの空気感と仕事のやり方に合わせるという意識をしていました。たとえば今までの自分のやり方と違うところがあっても、旅館のやり方をまずは受け入れ、素直にやってみる姿勢が肝心だなと思います。職場に柔軟に合わせるという意識を持てたことが、リゾートバイトを経験して良かったと思う理由のひとつです。もちろん、仕事に慣れてきたらもっと自由に楽しみながらも働けましたよ!

>>水上温泉のリゾートバイト求人情報をチェック!

リゾートバイト体験談Vol.54【水上温泉】11

リゾートバイトを乗り切ったことで、自信がつきました!

最初に書いた通り、私は積極的な理由からリゾートバイトに行ったわけではありませんでしたが、それでもリゾートバイトでの日々は想像していたよりはるかに楽しかったです!私は2ヶ月間リゾートバイトをしましたが、せっかく仕事や職場に慣れてきたところで期間満了に。延長はできなかったのですが、本当は延長して働きたいと思えたほどです!

自分にとって非日常の空間でお客さまの非日常をもてなす特別感は、1度経験してみる価値があると思います。また旅館やホテルで働いて苦労や細やかな気配りを知れたことで、これから自分が行く旅行先でも、今までより特別なものになると感じています。

そしてなにより、環境も人間関係もすべてが新しいリゾートバイト生活を乗り切ったことが自信になります。だいたいのことはなんとかなると、ポジティブな気持ちが強くなりました。

今回の体験談で少しでもリゾートバイトっていいなと思っていただけたら、行ってみたい場所、お気に入りの場所で、ぜひ気軽にリゾートバイトに挑戦してみてください!

>>水上温泉のリゾートバイト求人情報をチェック!

リゾートバイトの最新情報はこちら!

リゾートバイトダイブ


やったー!
【Go!リゾートバイトダイブ】ホテルや旅館、スキー場、温泉地、テーマパークなど、北海道から沖縄まで全国のリゾート地に住み込みで働くリゾートバイト!そんなリゾートバイトにまつわる体験談やエリア特集、お役立ち情報を発信していきます。