1/2
  • 地方別

    地方別

  • タグ一覧

    タグ一覧

NEW新着記事

1月のおすすめリゾートバイト

1月のリゾートバイト!おすすめ勤務地や職種を紹介 寒さが増してくる1月は、温泉地やスキー場などに観光客が増える時期でもあります。今回は、1月におすすめのリゾートバイトを紹介!勤務地や職種選びの参考にしてみてくださいね! 1月のリゾートバイトの特徴は? スキー場がアツイ! スキー場リゾートバイトは、12~3月までの期間限定で、スキー場や周辺のホテル・旅館で働きます。通常は数万円もするリフト券をプレゼントしているので、休日や休み時間はすべり放題!働きながらスキー・スノボーをがっつり楽しみたい人におすすめのリゾートバイトです!>>スキー場リゾートバイトの詳細はこちら! 冬といえば温泉! 温泉地には、観光客向けの旅館やホテルがたくさんあり、街中の宿泊施設とは違った日本らしいおもてなし文化にふれることができます。温泉地のリゾートバイトは、旅館やホテル、またそのなかでも接客、レストランホール、清掃など、働く場所や職種もバリエーション豊富です。 >>温泉地リゾートバイトの詳細はこちら! 夏だけじゃない!沖縄 ゆったりとした独特の雰囲気や温暖な気候で、南国リゾート感を味わえる沖縄。リゾートバイト先としても人気のエリアです。「1月はシーズンオフだからあまり楽しめないのでは?」という方も安心してください!ダイビングやシュノーケリング、釣りなどのマリンスポーツは一年中楽しむことができます。海に関わる仕事がしたい、冬の寒さが苦手!という方にぴったりの環境です。>>沖縄リゾートバイトの詳細はこちら! 1月にリゾートバイトをするメリット スキー場すべり放題&レンタル無料! 多くのスキー場では、リフトが無料で利用できます。お休みの日や休憩時間などはすべり放題!スキー・スノボ好きにはたまらない環境です。 さらに、スキー用品がレンタル無料の勤務地もあります。ウェアや靴などの荷物を持っていかなくても、スキーやスノボが楽しめるのが魅力です。 年始の繁忙期は短期で稼ごう 年末から年始にかけての時期は、繁忙期のホテルや旅館が多いです。特別手当てや残業が増える勤務先もあり、短期で集中的に稼ぎたい方にはぴったりです。もちろん、寮完備&食事付きの勤務先がほとんどなので、貯金もしっかりできますよ!冬休みの学生さんなど、1月にリゾートバイトを開始してみませんか? 暖かい冬を過ごしたい方は沖縄! 冬の寒さが厳しくなる1月。寒さが苦手な方は、沖縄でリゾートバイトしませんか?1月の沖縄は平均気温が17℃ととても温暖な気候です。冬でも日中は半袖で過ごせる日もあるほど。夏よりも断然過ごしやすいのが魅力です。 さらに1月はシーズンオフのため、夏場よりレジャーが格安になっていることも。休日の観光もよりお得に楽しめます! 1月のリゾートバイトにおすすめの勤務地 箱根 関東の人気温泉地、箱根。温泉のほかにも、グルメやパワースポットなど、数々の魅力を持つエリアです。箱根は旅館・ホテルの求人を中心に100件以上!さらに、箱根湯本駅から新宿までは列車で85分とアクセスも良好です。>>箱根のリゾートバイトはこちら! 熱海 東京までは50分!都心からのアクセスが抜群の熱海。冬も温暖な気候のため過ごしやすいエリアです。駅前には、昔ながらの商店街やおしゃれなお店など、観光スポット多数!買い物や生活もしやすいです。海も山も近く自然の中で働くことができますよ!>>熱海のリゾートバイトはこちら! 草津温泉 旅館・ホテルの求人が100件以上ある草津温泉エリア。時給高めの勤務地が多く、月20万以上の収入を得られる勤務地も。周辺便利で生活しやすく、休日には温泉巡りを楽しめます!6種類ある源泉は50~60℃と高めで、その湯を冷ます「湯もみ」が有名です。>>草津温泉のリゾートバイトはこちら! 淡路島 温暖な気候に恵まれ「花の島」とも呼ばれている淡路島。明石海峡大橋や鳴門海峡のうず潮など、観光スポットが多く、年間を通して多くの観光客が訪れるため、しっかり稼げる勤務地が多いのが特徴。そのほかにもパワースポットやグルメなど魅力いっぱいのエリアです!>>淡路島のリゾートバイトはこちら! 由布院温泉 由布院の魅力は何と言っても、情緒あふれる街並みにある温泉です。また温泉以外にも「金鱗湖」や馬に乗りながら風景を楽しめる観光スポットがたくさんあります。由布院駅周辺には、スーパーや商店街、コンビニ、銀行など、なんでもそろっているので生活にも便利です。>>由布院温泉のリゾートバイトはこちら! 八重山エリア(石垣島・西表島・小浜島) 島デビューに最適な石垣島や、沖縄本島に次いで2番目に大きな西表島、NHK連続テレビ小説「ちゅらさん」の舞台になった小浜島などがある八重山エリア。冬の沖縄で離島生活をしてみたい方におすすめのエリアです。休日は大自然に囲まれながらゆったりと過ごしてみませんか? >>石垣島のリゾートバイトはこちら!>>西表島のリゾートバイトはこちら!>>小浜島のリゾートバイトはこちら! 1月のリゾートバイトにおすすめの職種 ゲレンデスタッフ スキー場の運営に関わるお仕事です。リフト乗り場の乗降補助やリフト操作、レンタルショップでのスキー・スノボ用品の貸し出し、ゲレンデレストランでの接客業務など職種はさまざまです。>>リフト係のリゾートバイトはこちら!>>レンタルショップのリゾートバイトはこちら!>>ゲレンデレストランのリゾートバイトはこちら! 仲居・客室係 お客さまのお出迎え、ご案内、配膳など幅広い接客のお仕事をお願いします。二部式着物、サムエと呼ばれる簡易式の着物や本式着物での勤務になるので、着付けや礼儀作法をリゾートバイト期間中に学ぶことができます。おもてなしを学べるので女性スタッフにも大人気です!>>仲居・客室係(着物)のリゾートバイトはこちら!>>仲居・客室係(サムエ)のリゾートバイトはこちら! フロント フロントカウンターに立って、お客さまの宿泊手続き、館内の案内をお願いします。ホテルによってはお客さまのお出迎えやお見送り、荷物を運ぶことも。海外旅行者が多いホテルでは、英語や中国語を使う機会もあるので、語学を活かしたい方も大歓迎です。>>フロントのリゾートバイトはこちら! 1月リゾートバイトのおすすめ応募時期 リゾートバイトの応募時期は、お仕事をスタートしたい1ヶ月~1ヶ月半前がおすすめ!1月スタートのお仕事は、11月中旬~12月中には応募できると◎「希望のエリアがある」「個室寮がいい」といった条件を叶えるためには、はやめのご応募をおすすめします! まとめ 気になる勤務先や職種は見つかりましたか?1月のリゾートバイトは、スキー場や温泉地など冬ならではのエリアはもちろんのこと、沖縄など温暖な気候のエリアもおすすめです! 1月にお仕事をスタートするには、11月中旬~12月中には応募するのがベスト!もちろん直前でも応募可能な勤務先もありますので、気になる点はお気軽にご相談くださいね。

新着 新着 お役立ち情報お役立ち情報

年末年始のリゾートバイト特集

年末年始のリゾートバイト特集!職種・勤務地・注意点・体験談を紹介 「年末年始は、いつもやることがなくて暇……!」 そんなあなたにおすすめなのが、年末年始のリゾートバイト(住み込みバイト)です。リゾートバイトと聞くと夏休みのイメージがありますが、実は年末年始もおすすめの時期なのです。年末年始のリゾートバイトは、1週間~1ヶ月の期間で予定が組まれることが多く、短期間でお金を稼ぐことができます。サービス業は年末年始が繁忙期ですが、その分、高時給のお仕事が多くなります。そこで今回は、年末年始のリゾートバイトの概要についてまとめてみました。おすすめの職種や地域、さらには注意点などを記載していますので、リゾートバイトが初心者の人もぜひ参考にしてみてくださいね! 年末年始のリゾートバイトの特徴・魅力 まずは年末年始のリゾートバイトの特徴や魅力についてお伝えします。 1.仲間と新年を迎えられる 同時期に集まった仲間と新年を迎えられることは、年末年始ならではの魅力です。多くの人は、年末年始は家族や仲の良い友人たちと過ごすと思います。ですが、年末年始のリゾートバイトに参加することで、出身や年齢も異なる仲間と過ごせる貴重な体験ができ、一生の思い出にもなります。 2.繁忙期を経験できる 年末年始は、宿泊施設をはじめとしたさまざまなサービス業の繁忙期でもあります。年末年始に働くことで、繁忙期の忙しさを体験でき、人間的にもスキル的にも大きく成長できます。 この期間だけ時給アップする勤務先も多く、稼げるという点も魅力のひとつです。 3.求人が集中するのでたくさんの友だちができる 年末年始には、観光地に訪れるお客さまの数も増加します。それに合わせて、年末年始のリゾートバイトの求人数も増えるので、自分の気になる職種や勤務地が選びやすくなります。もちろん、リゾートバイトに参加する仕事仲間も多いので、滞在先では同年代の友だちをたくさん作ることができますよ。 年末年始のリゾートバイトのおすすめ職種 年末年始のリゾートバイトでは、接客業を中心に多くの職種が募集されます。ここでは、年末年始のリゾートバイトでおすすめの職種について紹介します。 スキー場のスタッフ 全国のスキー場がにぎわいをみせる冬。年末年始のリゾートバイトでは、リフト係をはじめとしたスキー場特有の仕事を経験できるチャンスでもあります。施設によっては、リフト無料券や施設に併設された温泉に入れるなどの特典がある場合も! スキー場で働きたい人や、仕事の後に温泉にゆっくり浸かりたい人には、スキー場の仕事がおすすめです。 フロント・調理スタッフ 年末年始は観光に訪れるお客さまが増加する時期のため、旅館やホテルなどの宿泊施設の求人が多くなります。宿泊施設では、主にフロントや仲居の求人が多く、接客の仕事をやってみたい人にはおすすめです。施設によっては、まかないが食べられたり、温泉に入れたりと、リゾートバイトならではの特典もありますよ。 飲食店のスタッフ リゾートバイトでは、レストランやホテルなどの飲食店の求人が多数あります。年末年始は飲食店の繁忙期であるために、ほかの時期よりも忙しくはなりますが、その分高度な接客スキルを身に付けることができます。なかには未経験でも応募可能な求人もあり、リゾートバイト初心者でもチャレンジしやすい仕事としておすすめです。 年末年始のリゾートバイトにおすすめの地域・勤務地 「年末年始のリゾートバイトに行きたいけれど、期間が短いからどこに行こうか悩んでいる」という人も多いのではないでしょうか? 次に、年末年始のリゾートバイトにおすすめの地域・勤務地について紹介します。 長野県 長野県にはスキー場や温泉地が多く点在していて、年末年始のリゾートバイトにおすすめの地域です。年末年始のスキー場はどこも忙しくはありますが、施設によっては温泉に利用することもできるので、温泉で疲れを癒しながら働くことができますよ。また、長野県は大自然に囲まれている地域なので、空気も澄んでいて、冬の時期ならではの満天の星を眺めることができます。 山梨県 富士山や八ヶ岳といった有名な山々に囲まれ、大自然あふれる山梨県は、リゾートバイトに人気のエリアです。宿泊施設やカフェなどの飲食店が多いために、接客業務の求人が豊富にあります。なかには、富士山のお膝元である河口湖付近の施設の仕事もありますので、仕事と観光を楽しみたい人にもおすすめですよ。 兵庫県 「城崎温泉」や「有馬温泉」といった有名な温泉地が多数ある兵庫県。なかには、兵庫県の離島「淡路島」での求人もあり、貴重な離島生活をリゾートバイトで体験できます。 年末年始のリゾートバイトに応募するときの注意点 年末年始のリゾートバイトは短期間であるため、いくつか注意しなければならないことがあります。注意点をしっかりと確認して、快適なリゾートバイト生活を過ごしましょう。 応募者が集中するので早めに応募する 年末年始はほかの時期のリゾートバイトよりも期間が短いために、求人のタイミングも集中しがちです。もちろん、人気のある地域の求人には応募も集中しますので、気になる求人があれば早めに応募するのがおすすめです。11月中であれば、まだ求人も豊富にありますので、11月をめどに自分が希望する地域や仕事を複数ピックアップして、準備をしておくことが大切です。 寒さ対策を万全にする 年末年始は、気温が冷え込む時期でもあります。特に、リゾートバイトでは今まで訪れたことのない地域に行くケースもありますので、滞在先の気候は十分に調べておきましょう。想像以上に寒い地域もありますので、寒さ対策は念入りに行いましょう。また、泊まる予定の寮にある設備や外観なども事前に確認しておきましょう。 年末年始のリゾートバイト体験談 年末年始のリゾートバイトは、この時期ならではの特別な体験ができるチャンスでもあります。それは年末年始のリゾートバイトの大きな魅力でしょう。次は、実際に年末年始にリゾートバイトに参加した先輩たちの体験談についてお伝えしていきます。 「繁忙期で忙しくも、楽しく過ごせた」 年末年始のリゾートバイトで、ホテルの裏方作業をしました。年末年始はホテルの繁忙期なので、忙しいなかでも確実に役目を果たす経験をして、働くことの大変さを実感しましたね。ただ、大変だっただけではなく、同じリゾートバイトに参加した仲間たちとの交流は、とても貴重な経験になりました。年末の年越しにはみんなで集まって話したり、食事をしたりなど、そのときでしか得られない経験は、今でも記憶に残っていますね。 「国家試験に向けて想像以上に頑張れた」 私は大学3年生のときに、年末年始のリゾートバイトを経験しました。当時の私は、国家資格である公認会計士の勉強をしていた時期でした。私が参加したリゾートバイトでは、将来に向けて努力をしている多くの仲間と一緒に働くことができて、とても刺激を受けたのを覚えています。その経験もあり、リゾートバイトの期間が終わったあとは、国家試験に向けての勉強により一層熱が入りましたね。結果的には、無事に試験に受かるこができましたが、リゾートバイトで出会った仲間たちの影響はとても大きかったと思っています。 まとめ 今回は、年末年始のリゾートバイトの特徴やおすすめの地域について紹介しました。お伝えしたとおり、年末年始はサービス業の繁忙期であり、仕事が忙しくなります。しかし、年末年始という特別な時期にした貴重な経験は記憶に残りやすく、自分自身の成長にもつながります。 年末年始のリゾートバイトに参加した先輩たちも、同年代の仲間の話を聞いて刺激を受けたり、一緒に新年を迎えて心機一転できたりと、モチベーションのアップにもつながっています。年末年始に時間がある人や、短期間で働いてみたい人は、興味のある仕事や地域を見つけてリゾートバイトにぜひ挑戦してみましょう。 年末年始のリゾートバイト求人はこちら

新着 新着 お役立ち情報お役立ち情報

なぜ必要?マイナンバーカードを持つメリット

マイナンバーカードを持つメリットはたくさん! 2016年1月より交付が開始されたマイナンバーカード。なんのために発行するのかわからず、いまだに作っていないという人も多いのではないでしょうか?実は、行政手続をオンラインでできたり、リゾートバイトにも関わる社会保険の手続きにも使えたりと、メリットはたくさん!ここでは、マイナンバーカードを作るメリットや申請方法について紹介していきます! マイナンバーカードとは マイナンバーカードは、2016年1月より交付が開始されました。マイナンバーとは、国内での行政手続きにおいて個人を識別するために割り当てられた12ケタの個人番号のこと。マイナンバーカードには、マイナンバーのほかに氏名や住所、生年月日、性別、顔写真などが記載されており、公的な本人確認書類として活用できます。運転免許証やパスポートといった本人確認書類を持っていない人は、マイナンバーカードを本人確認書類として使用できますよ! 最近では、新型コロナウイルスの支援金として配布された「特別給付金」のオンライン申請で、マイナンバーカードを作成しないと申請できない仕様となっていました。徐々にマイナンバーカードの必要性が高まってきています。 マイナンバーを持つメリットはたくさん! では、マイナンバーカードを持つとどのようなことが起こるのでしょうか?ここからは、マイナンバーカードのメリットについて詳しく解説!すでに使えるものだけでなく、これから導入予定となっているマイナンバーカードの使い方についても触れていきます! 【メリット1】公的な身分証明証となる マイナンバーカードは、顔写真や住所、生年月日、性別などが記載されているため、運転免許証などのように、公的な身分証明書として使用することができます。注意したいのが、身分証明書なので「カード原本」を提示する必要があるということです。マイナンバーカードを常に持ち歩くのは不安かもしれませんが、コピーを提示しても身分証明にはなりません。 通常、未成年の方や運転免許証を持っていない方の場合、複数の書類を用意する必要がありますが、マイナンバーカードなら一枚提示するだけで身分証明ができるのでとても便利です。 【メリット2】住民票や印鑑登録証明書がコンビニで取得できる 従来であれば、住民票や印鑑登録証明書の発行は、役所のみに限られていました。平日しか開いていない役所に行くために、お休みを取ったことがある方もいるのではないでしょうか?しかし、マイナンバーカードを持っていれば、コンビニで各種書類を発行することができます。 コンビニでの発行方法はとてもカンタン!各コンビニに設置されているマルチコピー機の画面に表示されている「行政サービス」から各必要書類をプリントアウトするだけ!(※市区町村により取得できる証明書は異なりますのでご注意ください)リゾートバイト勤務先で急遽必要になった時にも便利です。 発行には、マイナンバーカード交付時に設定した電子証明書が必要になるので、事前にチェックしておきましょう! 【メリット3】パスポートの申請や口座開設ができる 口座を開設するときや、パスポートを新規発給するとき、住宅ローン契約をオンラインで行なうときなどの本人確認に、マイナンバーカードを活用することができます。運転免許証やパスポートの写しなどを郵送する手間がなくなって、マイナンバーカード1枚で対応できるのでとてもスピーディーです! 【メリット4】市区町村や国が提供するサービスを受けられる 現時点では、社会保障や税、災害対策の分野のみにマイナンバーカードの利用が制限されています。今後は市区町村単位や国でマイナンバーカードを通じて利用できるサービスがどんどん増えていくことが見込まれます。 実際に、一部の市区町村で図書館の貸し出しカードとしてマイナンバーカードが利用されている例もあり、今後は利用できるサービスの種類も増えていくことでしょう。 【メリット5】マイナポイントで5,000円もらえる! 2020年9月から「マイナポイント」という制度がスタート。マイナポイントとは、マイナンバーカードを取得して、キャッシュレス決済サービスを選択してひも付けることで、利用金額に応じてポイント(※最大5,000円相当)が付与される仕組みとなっています。 マイナンバーカードを取得して、決済サービスを選んで設定するだけで5,000円相当のポイントがもらえるなんて、かなりお得ですよね。まだ、マイナンバーカードを取得していない方は、これを機に申請してみませんか? 【メリット6】健康保険証にもなる(2021年3月予定) 健康保険証として利用するための事前登録をしておくと、マイナンバーカードが健康保険証として利用できるようになります。実施予定は2021年3月からです。 マイナンバーカードを健康保険証として使うと、就職や転職、引っ越しなどをしても保険証の切り替えを待たずにカードで受診できたり、医療保険の資格確認をスピーディに行なえたりと、なにかとメリットもたくさんあります。利用の申込は、マイナポータルから行なえます。 マイナンバーカードの申請方法 ここまで、マイナンバーカードを持つメリットについて解説していきました。では、実際にマイナンバーカードの申請方法について詳しく説明いたします!申請方法がいまいち分からずに、躊躇してしまっている方も多いのではないでしょうか? 【1】郵送で申請 個人番号カード交付申請書のの該当箇所に顔写真を貼り、氏名、電話番号などの必要事項を記入し、郵送しましょう。個人番号カード交付申請書はサイトからダウンロード可能です! 申請書の郵送後、交付通知書が届きます。市区町村の窓口まで必要書類を持参し、マイナンバーカードを受け取りましょう。 【2】 パソコンで申請 パソコンで申請する場合、まずは交付申請用のWEBサイトにアクセスしてメールアドレスを登録しましょう。登録されたメールアドレス宛に送られてくるWebサイトにアクセスし、顔写真や必要事項の入力を行ないます。 パソコンでの申請には、交付申請書または個人番号通知書に記載されている申請書ID(半角数字23桁)が必要となりますので、事前に準備しておきましょう! 【3】 スマートフォンで申請 スマートフォンで申請する場合は、カメラで交付申請書のQRコードを読み取り、申請用Webサイトにアクセスしてメールアドレスを登録しましょう。登録されたメールアドレス宛に送られてくるWebサイトにアクセスし、顔写真や必要事項の入力を行ないます。 顔写真はスマートフォンで撮影したものでOK!スマートフォンなら、そのまますぐに写真を添付できるので簡単です。 【4】 証明写真機で申請 町中にある証明写真機でも、マイナンバーカードの申請は可能です!証明写真機のタッチパネルから「個人番号カード申請」を選択し、交付申請書のQRコードをバーコードリーダーにかざします。その後、画面の案内に従って必要事項を入力したら、顔写真を撮影して申請が完了します。 その場で顔写真の撮影ができる証明写真機。顔写真を自分で用意する必要がないので、手間を省くことができます! 個人番号通知書を紛失・・・・・・マイナンバーカードの申請できる? マイナンバーカードの申請には、個人番号通知書の下についている「個人番号カード交付申請書」または「個人番号通知書」が必要になります。紛失してしまった場合は、市区町村の窓口に紛失したことを速やかに届け出ましょう。 窓口にて、通知カード紛失届と通知カード再交付申請書を提出することができます。身分証明書も忘れずに持参してください。再発行には手数料500円がかかります。 リゾートバイトでも便利なマイナンバーカード リゾートバイトでは、社会保険に加入することができます(※条件を満たしている場合に限る) 。 そこで、社会保険の手続きを必要になってくるのがマイナンバーです! 社会保険に加入する場合、加入の手続きはリゾートバイトの派遣会社で進めます。マイナンバーさえあれば、社会保険の手続きは可能ですが、リゾートバイトの勤務先などで急遽住民票や公的な本人確認書類が必要になったときにマイナンバーカードがあるとさらに便利です。リゾートバイト出発前までに取得しておくことをおすすめします! 社会保険の申請についてはこちらをチェック! まとめ マイナンバーカードを持っていると、公的な身分証明証として使用できたり、住民票などの取得、マイナポイントの付与などさまざまなメリットがあります。 今後、今以上に広い目的で利用されることが予想され、さまざまな手続きの場面で必要となってくるでしょう。 マイナンバーカードは交付されるまでに1ヶ月程度の期間が必要になりますので、時間に余裕を持って手続きしましょう!マイナンバーカードの申請を迷われている方も、これを機にもう一度検討してみませんか?

新着 新着 お役立ち情報お役立ち情報

SEARCH記事記事