見出し画像

屋久島のリゾバ特集

屋久島のリゾートバイト特集!職種・勤務地・注意点・体験談を紹介

屋久島はトレッキングやダイビング、リバーカヤックなど、多くのアクティビティを楽しむことができる魅力的な島です。世界遺産にも登録されている屋久島で、大自然の神秘を感じることのできる贅沢なリゾートバイトはいかがでしょうか。
この記事では、そんな屋久島でのリゾートバイト特集として、屋久島の特徴・魅力、おすすめの職種、応募時の注意点、体験談などについて紹介していきます。屋久島でのリゾートバイトを検討中の方や興味がある方は必見です!ぜひご一読ください。

 屋久島のリゾートバイトの特徴・魅力

まずは、屋久島の特徴・魅力を紹介します。

屋久島ってどんなところ?

 屋久島は、九州最南端の佐多岬から南南西に、約60km離れた場所に位置する鹿児島県の島です。「神の島」とも呼ばれており、1993年には世界遺産に登録されました。緑豊かで「月に35日雨が降る」と例えられるほど降水量が多いのが特徴です。

屋久島のリゾートバイトのおすすめ職種

 ここまで屋久島の魅力をお伝えしてきました。次に、屋久島のリゾートバイトの代表的な職種を2つ紹介します。

レストラン業務

ホールでの接客などがメインのお仕事です。お客さまを席まで案内し、配膳・下膳を行います。バイキング形式や配膳形式など、ホテルや旅館によって、形式はさまざまです。ホールでも調理補助でも、全体を見ながら臨機応変に対応する力が求められます。

ホテルや旅館のスタッフ

宿泊施設の仲居、フロント、ロビー、売店、清掃など全般の業務を担います。ホテルや旅館によって任される業務が異なりますが、いずれにしても、お客さまと顔を合わせる業務を担うということは、ホテルや旅館の「顔」となることを意識して、接客することが大切です。接客に関する所作や知識を幅広く経験できるため、スキルや心遣いを習得できます。わからないことがあっても先輩に聞けるので、安心して業務に取り組みましょう。

>>屋久島のリゾートバイト求人情報をチェック!

屋久島リゾートバイト特集03

屋久島のリゾートバイトにおすすめの地域・勤務地

 次に、屋久島へリゾートバイトに行く場合のおすすめの地域・勤務地を紹介します。

宮之浦と安房エリア

屋久島でのリゾートバイトは基本的には、屋久島北東に位置する宮之浦か、南東に位置する安房の2つのエリアが中心になります。屋久島の交通手段の主要であるこの2つのエリアに、宿泊施設が集まっています。屋久島を訪れる観光客を相手とした、ホテルやレストランでの接客業務がメインの仕事です。

宮之浦には、
・フェリー乗り場に近くアクセスが良い
・白谷雲水峡に近い


安房の場合には、
・ヤクスギランドに近い
・縄文杉登山ルートが近い


という特徴があります。どちらの地域も生活するうえでは、特に差がありませんし、困ることもありません。1つの判断ポイントとして、「休日にどこへ出かけたいか」という基準で決めてみてもいいかもしれませんね。

>>屋久島のリゾートバイト求人情報をチェック!

屋久島リゾートバイト特集04

屋久島のリゾートバイトに応募する注意点

「屋久島にリゾートバイトに行きたい!」と考えている人は、事前に確認しておいた方がいいこともあります。応募する前に、次の注意点について確認しておきましょう。

リゾートバイト案件が少ない

屋久島の観光シーズンである8月頃には、毎年募集がありますが、ほかの地域と比べてお仕事が少ないことに注意が必要です。自分が行きたいと思える求人を見つけたら早めに応募することをおすすめします。

語学力が必要な時もある

屋久島は、世界遺産に登録されてから、多くの外国人観光客が訪れています。もちろん、ホテルや旅館も多くの外国人が利用することが考えられます。語学力が必要になる場面も出てくるでしょう。逆に、語学力に自信があるのであれば堂々と接客し、外国人のお客さまをおもてなししましょう。

>>屋久島のリゾートバイト求人情報をチェック!

屋久島リゾートバイト特集05

屋久島の魅力あふれる観光スポットとは?

次に、屋久島の魅力を知るために、5つの観光スポットを紹介していきます。リゾートバイト中でも休みの日に足を運ぶことができるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1. 白谷雲水峡

映画『もののけ姫』の舞台となったといわれている「白谷雲水峡」は、宮之浦川の支流、白谷川の上流にある面積423.73ヘクタールの自然休養林です。イスノキ、ウラジロガシ、タブノキ、スギ、ツガ、モミなどの大木が競い合うようにそびえ立っている森です。「白谷雲水峡」は、トレッキングスポットになっているので、もののけ姫を見たことがない人でも、大自然の迫力あふれるこの原始の森の中を楽しく散策できます。

2. ウミガメの産卵を見学できる

 屋久島ではアカウミガメとアオウミガメの産卵が確認されています。なかでも屋久島北西部に位置する「永田浜」は、日本のアカウミガメ上陸数のうち30〜40%を占めており、世界有数のアカウミガメの産卵地です。観察ツアーが開催されており、5月上旬~7月下旬には産卵を、そして7月下旬~8月下旬には孵化を見ることができます。

3. 縄文杉を見よう

樹齢3,000年以上といわれる、屋久島のシンボル。標高1300m・樹高25.3m・胸高周囲16.4mと、現在確認されているなかで最大の屋久杉です。この縄文杉にたどり着くまでには、なんと往復10時間のトレッキングコースを歩かなければなりません。しかし、「縄文杉まではちょっと遠すぎる……」という人でも、「紀元杉」といった気軽に見に行きやすい巨大な屋久杉もありますので、ぜひ訪れてみてください。

4. 温泉を堪能しよう

屋久島は温泉も豊富です。屋久島の温泉といえば、「平内海中温泉」。海に面した磯のくぼみを浴槽とした天然温泉で、入浴できるのはなんと干潮時の前後2時間程度のみとなっています。また、登山口の入り口にある「尾之間温泉」も登山後の疲れを癒やしてくれると人気です。ほかにもローカルな温泉があるので、温泉好きな人にとっても注目の観光スポットかもしれません。リゾートバイトで疲れた体を癒しましょう。

5. ご当地グルメを堪能しよう!

 屋久島のご当地グルメといえば、日本一の漁獲量を誇るトビウオや「首折れサバ」などの魚介類、屋久島に生息する「ヤクシカ」などがあります。どれも絶品なので、これまた有名な「三岳」という薩摩焼酎を片手に、ぜひご当地グルメを堪能してみてください。

>>屋久島のリゾートバイト求人情報をチェック!

屋久島リゾートバイト特集02

屋久島のリゾートバイト体験談

最後に、屋久島でリゾートバイトをした先輩たちの実際の体験談を紹介します。屋久島でリゾートバイトに行こうかどうか迷っている人は、ぜひ先輩たちの意見を参考にしてみてください。

「大自然のアクティビティを満喫!」

海や山など、好きなだけ自然を満喫することができました!屋久島にはさまざまな魅力的な観光スポットがあります。縄文杉はもちろんのこと、山だけでなく海や川でできる釣りやダイビング、リバーカヤック、そして自然のなかで入る温泉まで楽しむことができます。都会では味わえないような贅沢な時間を満喫できました!

「お金が貯まる!寮費・光熱費無料!食費が休日含め3食無料」

お金を使うところがあまりないので、貯金ができました。お金が貯まりやすいのはメリットの1つだと思います。特に、屋久島の魅力はなんといっても大自然にあるため、普段からお金を使う機会が少なかったです。生活のために多少の費用は必要ですが、遊びにお金を使わなくても楽しめる環境でした!

>>屋久島のリゾートバイト求人情報をチェック!

屋久島リゾートバイト特集06

まとめ

「縄文杉」をはじめとした豊かな自然が象徴的な屋久島はたくさんの魅力があり、リゾートバイトもできます。簡単に特徴をまとめます。

・屋久杉、ウミガメ、温泉、ご当地グルメなど、観光スポットが豊富
・リゾートバイトでは、レストラン業務などの募集がある
・案件数が少ないため、応募は早めにした方がいい
・お金が貯まりやすく、大自然を満喫できる

以上のように、非常に魅力的な屋久島でのリゾートバイトにぜひ応募してみてください。一緒に頑張る仲間とともに、充実したリゾートバイト生活を送りましょう。

>>屋久島のリゾートバイト求人情報をチェック!

リゾートバイトの最新情報はこちら!

リゾートバイトダイブ


やったー!
2
ホテルや旅館、スキー場、温泉地、テーマパークなど、北海道から沖縄まで全国のリゾート地に住み込みで働くリゾートバイト!そんなリゾートバイトにまつわるお役立ち情報を発信していきます。 リゾートバイトダイブ▶ https://resortbaito-dive.com/