リゾートバイト体験談 Vol.75【白馬】
見出し画像

リゾートバイト体験談 Vol.75【白馬】

白馬(長野)のリゾートバイト体験談│裏方業務(客室清掃)

スタッフさんプロフィール
【年齢】20~24歳
【勤務エリア】長野県・白馬
【職種】裏方業務(客室清掃)
【就業期間】1ヶ月


リゾートバイトに興味はあるけど・・・・・・「住み込み生活って実際どう?」「リゾートバイト先で友達はできる?」「休日は何をして過ごすの?」などなど、いろいろな不安や疑問を抱えている方も多いのではないでしょうか?
ここでは、実際にリゾートバイトを体験した先輩スタッフたちのリアルな声をお届けします!

リゾートバイトをしたいと思ったきっかけや目的は?

大学を卒業するまでに、リゾートバイトをしてみたいと思っていました。生まれてからずっと実家暮らしだったため、一人暮らしをしたときの生活を体験してみたかったというのも理由の一つです。また、長野県が好きだったということと、交通費がかからずに旅行ができると思い、応募しました!

>>白馬のリゾートバイト求人情報をチェック!

リゾートバイト体験談Vol.77【白馬】06

リゾートバイトへ行く前に不安だったことはありましたか?

どんな人がいるのか、どんな年代なのか、どんな寮なのか、Wi-Fiはあるのか、週何回くらい出勤するのか、コンビニは近いのかといったことが不安でした。

リゾートバイト先や職種を選んだ理由、またその決め手となった点があれば教えてください。

自然が多く、温泉が利用できる大きなホテルが希望条件でした!あまり長野に行ったことがなく、山登りもしてみたいと考えていました。あとは「白馬」という文字が漠然と好きだなと思いました。

少しだけ客室清掃の経験があり掃除をするのが好きだったので、この職種を選びました。また、ほかの従業員の方と話せる時間が多そうだと思ったのも理由の一つです。

職場の雰囲気はどうでしたか?

休憩中などにベテランの従業員の方が話しかけてくださったりと、風通しの良い雰囲気だった気がします。忙しいときは仕事モードですが、少し余裕があるときは、雑談もできる雰囲気でした!

>>白馬のリゾートバイト求人情報をチェック!

リゾートバイトに慣れるまでどのくらい時間がかかりましたか?

1週間半ほどで慣れることができました。陸の孤島と呼んでいいような不便な立地だったので、都会住みの人からしたら、好きなときに好きなものを買えないのは少し苦痛かもしれません。しかし、買い出しに行けるバスなども予約すれば毎日利用できるので、心配はいらないと思います。

リゾートバイトで一番大変だったことはなんですか?また、それをどうやって乗り越えましたか?

客室清掃という職種上、各階を5人くらいでチームとなって動くので、最初のころはほかの人と同じスピードで清掃ができず、足を引っ張ってるのかもしれないと思っていました。仕事をこなす中で「こうすればスピードが早くなる」とコツが分かってきたので、そこからはほかの人と同じくらいのスピードで清掃をこなすことができるようになりました!

リゾートバイト中に起きたうれしい出来事や、やりがいを感じられたエピソードはありますか?

お客さまがアンケートを部屋に残してくださっていることがあるのですが、そこに「部屋がきれいに清掃されていた」や「清掃員と廊下ですれ違ったときに心地よく挨拶してくれた」などと書かれていたときは、とてもうれしく思いました。

寮での住み込み生活はどうでしたか?

バスで15分ほどの寮には虫はあまり出ないらしいのですが、ホテルから徒歩2分のところに寮が2つあるのですが、そこには虫が出ます。「虫を見るのも無理!」という方には少し厳しいかもしれないです。

寮は男女の部屋を行き来することはできないようになっていますが、男同士、女同士であればお互いの部屋の訪ねることができるので、仕事終わりに少し飲みながらゲームをしたりできて楽しかったですよ。

リゾートバイト体験談Vol.77【白馬】04

食事においては、従業員食堂(9~18時営業)がホテルから3分のところにあり、200円または250円で日替わりのメニュー(定食・パスタ・丼など)を食べられます。おふくろの味のようなおいしい食事でした!200円でお弁当を予約することもできました。

>>白馬のリゾートバイト求人情報をチェック!

リゾートバイト体験談Vol.77【白馬】02

リゾートバイト生活の中での必須アイテムがあれば教えてください。

ご飯パックは必須アイテムです!一つの寮につき一つ電子レンジが置かれているので、朝はその電子レンジを使ってご飯パックを温めていました。お湯ポットは各部屋に一つあるので、インスタントのお味噌汁を作ることができます。包丁もあったので、キャベツ一玉を買ってきて千切りキャベツを作り ドレッシングをかけて食べていました。また、部屋にはシャンプーなどが置いていなかったので、持って行った方がいいかもしれません。

>>白馬のリゾートバイト求人情報をチェック!

リゾートバイト体験談Vol.77【白馬】03

リゾートバイト中の休日はどうやって過ごしていましたか?

最寄り駅が南小谷駅というところだったので、周辺の白馬駅や穂高駅、信濃大町駅、松本駅、長野駅、糸魚川駅などを観光していました。ネットで検索すると、穴場の観光スポットが見つかったりするのでおもしろかったですよ。

また、近くには北アルプスもあるので(登山好きの方ならご存知だと思います!)トレッキングシューズを持参して、休日は近くの山に登りに行くのもいいと思います。長野は土地が広いので、レンタルサイクルやシェアサイクルなどを利用すると時間を有効的に使って観光できますよ!

あと、人口が少ないので電車のダイヤが1時間に1本ということも。しっかりと行きたい場所の計画を立てておかないと、「どこにも行けなかった・・・」ということになるので、準備は十分した方がいいと思います!

>>白馬のリゾートバイト求人情報をチェック!

リゾートバイト体験談Vol.77【白馬】01

リゾートバイト中の買い出しなどはどのようにしていましたか?

白馬駅にスーパーや薬局があるので、休日や仕事が早く終わったときは、無料送迎バスを利用して、2週間分くらいをまとめて買い出ししていました。

リゾートバイト開始前、開始後の派遣会社とのやり取りはいかがでしたか?

リゾートバイト開始前は、丁寧にリゾートバイト先の情報や休みの日の過ごし方などを教えていただき、質問したことにも心地よく答えてくださいました!勤務中にも「どんな感じですか?」とLINEをしてくれたので、サポートしてもらっていると強く感じることができました。

普通のバイトでは得られないと思うリゾートバイトの魅力は?

私は週5~6日間働いていたので、最初はあまり話さなかった人でも毎日会っていると共通の話題ができて、自然と話せるようになりました。家族とまでは行きませんが、心の許せる関係になるのは普通のアルバイトよりも早いと感じました。

また、1ヶ月間という短い間なので、淡々と仕事をしているとあっという間に日にちが経ってしまい、「あまり話せなかった・・・」などにもなりかねないので、積極的に自分からコミュニケーションを取っていくように心がけていました。そうすると、リゾートバイトが終わった後も連絡を取り続けたりと、1ヶ月間だけでは終わらない関係にもなっていけると思いました!

リゾートバイトを通して、自分自身になにか変化はありましたか?

正直なところ、リゾートバイトを始める前の自分は「都会史上主義」で、田舎なんて住めるわけないと思っていました。ですが、田舎には人の目を気にすることがない、蒸し暑くない、満員電車のストレスがない、空気がおいしい、何もないからこそ、知らない人との挨拶や人間関係が大切になってくる・・・など少しだけ価値観が変わった気がしています。

>>白馬のリゾートバイト求人情報をチェック!

リゾートバイト体験談Vol.77【白馬】08

はじめてリゾートバイトに行く方に向けてアドバイスをください!

最初の1週間ほどは、辛くて帰りたいと思うかもしれません。しかし、少し耐えてみると、仕事に慣れてきて、リゾートバイト先の方との会話も楽しくなり、徐々に愛着が湧いてくると思います!自分自身もそうでしたし、まわりの人もそういう方が多かったです。

なかには、自分に合わないリゾートバイト先があるかもしれません。そのときは自分でじっくり考えて、派遣会社の担当者の方にも相談してきっぱり辞めて帰ってくるのも後悔のない良い選択だと思います。

また、実際行ってみたら「こんなのだとは思わなかった!」とならないように、事前にリゾートバイト先について詳しく調べてみることも大事だと思います。ネットに情報が載っていないときは、派遣会社の担当者の方に電話して雰囲気を知ることも手かもしれませんよ。

今後の夢や目標について教えてください!

今は大学生4年生なので、なかなかリゾートバイトには行けないかもしれません。とりあえずは、地元のアルバイトでお金を貯めてバイク(kawasakiのw800)を納車することが目標です!

リゾートバイトの最新情報はこちら!

リゾートバイトダイブ

ダイブちゃんだよ。スキありがとう!
【Go!リゾートバイトダイブ】ホテルや旅館、スキー場、温泉地、テーマパークなど、北海道から沖縄まで全国のリゾート地に住み込みで働くリゾートバイト!そんなリゾートバイトにまつわる体験談やエリア特集、お役立ち情報を発信していきます。